poranneの悩み解消日記

poranneの悩み解消日記

脇の臭いが気になる

脇の臭いが気になる

夏。燦々と輝く太陽、晴れ渡った青空、白い雲。
心まで晴れやかな気分にさせてくれます。
本来ならば、心身共に…と言いたいところなのですが、「身」の部分が晴れやかとは言い難い季節なのです。

 

 

人は汗をかきます。それは勿論体温調整の為なのですが、心身共に不快な気分になります。
汗をかいたままそのまま放っておくと不衛生です。
そういう時はやはり入浴することで汗をきれいさっぱり洗い流します。
ですが、考えてみてください。身体の「ある部分」だけはそうもいきません。勿論、入浴直後ならそうでもないでしょうけど、「その部分」だけは体の構造上、じっとりと汗をかいているのです。
その部分とは「脇」のことです。
人は立っていても座っていても腕を下げた状態でいる事が多いので脇を自然に閉めています。
風通しが悪く蒸れやすい場所なのですから当然汗をかきます。更にその汗が脇の「臭い」の原因となります。
とは言っても、汗が直接の原因ではなく、汗や脂肪などが混ざり、それを分解しようとする存在、「常在菌」というものが実際の臭いの原因となるのだそうです。

 

 

ではどうすればよいか?

脇に汗をかいたら直ぐに拭き取るという方法が有効です。しかしこの場合、自宅にいればできる方法です。
外出先ではどうすればよいでしょうか?
やはり制汗剤、制汗スプレーなどが良いのでしょう。
勤務先や外出先で脇の臭いが気になれば化粧室などに抜け出して気軽に対策出来るというのが制汗剤や制汗スプレーなどのメリットでしょう。

 

しかし、その制汗スプレーも使い方次第で有効か無効かが決まるようです。
制汗スプレーとは、脇の臭いの元となる細菌の繁殖を防ぐ効果があります。という事は、汗をかく前でないと意味がないという事になります。
つまり、脇の臭いが気になる状態というのは既に臭いの元である細菌が繁殖している状態である可能性が高いという事になります。
それでは外出先や勤務先で制汗スプレーを使用しても意味ありませんよね。

 

 

特に、脇のムダ毛処理をしている女性に比べ、脇のムダ毛処理をしているとは到底思えない男性諸君は注意しなければならないかもしれません。
仕事へ行く前に毎朝シャワーを浴びたり、外出前にシャワーを浴びる習慣がある方々はまずシャワー後、脇に汗をかく前に制汗スプレーをシュッとスプレーしましょう。
体臭を気にしてコロンや香水などで誤魔化す方もいますが、それは逆効果なのです。
「臭い」と「匂い」が入り混じり、より複雑な臭いを放つ事になるかもしれません。
脇の臭いを気にせず過ごしたいなら汗をかく前の制汗スプレーひと吹きで良いのです。また、「制汗剤は自分にはあまり効果がない」そんな方も少なくありません。確かに制汗スプレーなどは市販で大量に製造されているものなので、効果はあまり期待は出来ないと思います。

 

 

特に脇の臭いが強い方だと、制汗スプレーでは意味がない方もいるのでしょう。そんな方は”わきが体質”の可能性も十分に考えられるのです。わきが体質の方が制汗スプレーなどを着けてもあまり効果はないと思います。それだったら、わきが専用のクリームなどもネット通販では存在しています。市販の制汗スプレーよりも値は張ってしまいますが、それだけ良い成分が入っているのだと思われます。物によっては持続率が数十時間と長持ちするものもあるみたいなので、脇の臭いが強くてすごい悩んでいる方などには良いかもしれませんね。

 

 

 

黒ずみが気になって見せられない

黒ずみが気になる

毛穴の黒ずみ。
鏡を覗くと鼻の黒ずみが特に気になります。顔のどの部分より目立つのです。
どんなに洗顔しても時間の経過と共に「イチゴ」のような鼻になってしまいます。
この黒ずみ、勿論毛穴に詰まった「角栓」が原因なのですが、この「角栓」、鼻を押すとニュルッと出てきます。すると、面白くなってニュルニュルと押し出しまくってしまいます。
この行為が結構落とし穴なんです。

 

 

「角栓」が抜けた毛穴は開いたままなのでそこに皮脂や汚れが詰まって再び「角栓」ができます。
しかも、毛穴が前にもまして拡がるという悪循環に陥っていきます。
これは、「毛穴パック」でも同じことが言えます。

 

 

定期的に毛穴パックを行うのは良いのですが、やり過ぎは禁物です。
前述した通り、毛穴が拡がる可能性があるからです。
一時的に毛穴がすっきりしたとしても逆戻り、或いは更に悪化するのではその行為そのものが無意味であるかのように思えます。
洗顔後や毛穴パック直後なら毛穴もキュッと引き締まりツルツルすべすべな肌で、人前に出ても恥ずかしくはないでしょう。

 

 

しかし時間とは残酷なもので刻一刻とイチゴ毛穴は成長していき、最初は「見て、ツルツルでしょ?」と言わんばかりだった自信も喪失し、あとは「お願いだからそんなにじろじろ見ないで!」という他人に対する羞恥心へと変貌していきます。
まるで「栄枯盛衰」を可視化したかのようです。
「イチゴ毛穴」とは言うものの、別にイチゴが悪いわけではありません。ただ、見た目がイチゴに似ているからという理由でそう例えられるようになったのでしょうけど、イチゴにとっては不名誉な事この上ないですよね。

 

 

さて、話を戻しましよう。

 

イチゴ鼻を解消するには地道にコツコツと正しい洗顔を行うことが最善策かと思われます。

 

洗顔をする時、水で洗顔を行う方もいると思いますが、水で洗顔すると毛穴の奥の汚れがきれいに取れずに残ってしまうそうです。
まず、洗顔前の準備が必要です。ちょっと面倒かもしれませんが、そこは自分のためだと思って面倒くさがらずに準備しましょう。
お湯で濡らしたタオルでも良し、蒸しタオルでも良し、洗顔前にそれらのタオルを顔に付け、毛穴を拡げます。
洗顔前に毛穴を拡げておけば洗顔時に毛穴の奥の汚れまできれいに落とせます。

 

 

そして洗顔後には化粧水や保湿液などで毛穴を引き締めましょう。
仕事から帰ってくると疲れてしまい、こういう事もおろそかになりがちです。ですが未来の、イチゴ鼻が解消された自分の顔を想像してみてください。
未来の自分に投資すると思って、頑張ってみませんか?

 

関連記事:クレアフォート口コミ.biz

 

 

 

そもそも健康に必要な免疫ってなんだろう?

免疫って何?

小さい頃によく親から言われたのが「免疫力が弱いからよく風邪を引くんだよ!」と。
子供の頃はさっぱり理解不能でした。何を言ってるんだろう?免疫って何?親に聞いても「大人になったらわかるから」と言うばかり。

 

大人になってからも免疫の事は大雑把な事はわかったのですが、詳しく免疫について説明しなさいとなるとほとんどの方はわからないかと思われます。

 

簡単に免疫って言ったら病気の原因となるウイルスとか細菌やカビなどから体を守る働きがあるもの。だから、免疫が強いと風邪などを引きにくくなる。対して免疫が弱いと風邪などを引きやすくなってしまう。

 

こんな感じだと思います。
ある大学の講義で免疫について勉強する機会があり、そこで免疫について奥深くまで知る事が出来たので、記録をのこしつつみなさんにも参考程度にご紹介したいと思います。

 

免疫の働きには2つのパターンがあります。

 

一つ目は「自然免疫」

体内に侵入してきたウイルスや病原体をどんどん排除していくシステムです。このシステムはいわゆる特攻隊的な感じですね。相手が誰であろうととにかく攻撃をして敵を倒していく役割があります。

 

ここで特攻隊(自然免疫)の仲間を紹介します。

マクロファージ

体内に入ってきた病原体を食べて倒す

NK細胞

ウイルスに感染したり、普通の細胞から発生した異常な細胞を見つけて攻撃する

樹状細胞

獲得免疫(賢者)への連絡係

 

二つ目は「獲得免疫」

はじめに自然免疫で侵入してきたウイルスや病原体などを覚えていて、それを頭脳的に攻撃するシステムです。賢者的な存在ですね!ちょっとよくわからなかったかもしれないので、例え話を少々。

 

みなさんが子供の頃によくやったワクチン注射がありますよね!
このワクチンって本来の姿ならば毒性などがあるかもしれないのですが、人体に入れる目的としてワクチンを作っているので、無毒化した病原体を作り出して人体にワクチンを注射しています。すると、人体はそのウイルスや病原体などがもう一度体内に侵入してきた際、そのウイルスや病原体などを狙って排除してくれる仕組みを獲得するのです。

 

ここで賢者(獲得免疫)の仲間を紹介します。

キラーT細胞

はじめて発見したウイルスや病原体、異常細胞などを狙って攻撃する

Th1細胞

キラーT細胞のまとめ役

 

このように免疫の働きは2種類の働きによって外敵から身を守ってくれる存在なのです。一言で免疫って言ってもその中身は色々な役割分担を担っている仲間達がいるのです。

 

参考記事:【ブロリコの効果】新成分!ブロッコリーで足りない栄養を補う


ホーム RSS購読